猫の鏡台

あだ名はにゃんにゃん。犬が好き

歌舞伎座三月大歌舞伎・夜の部

この目で初めて見るタカタマコンビの恋人役「於染久松色読販」不良夫婦が人をゆするお話。

玉三郎のあだっぽい女房役がよい。早替りの場が省かれていたので、南北物として物足りない。

 

次の踊りも仁左衛門玉三郎の「神田祭」。息のあった様子は宝塚の名コンビを見ているようで嬉しくなる。

 

最後が玉三郎演出、壱太郎演じる「滝の白糸」。これはやっぱり新派で演じるものじゃないかしら。感覚が合わない。壱太郎が玉三郎の口跡に似ていた。

あらすじの感想にふれると、「白糸ちゃん、そんなにつっぱしったらだめだよ…」と苦い思いで観ていた。

白糸は旅芸人の女。舞台の上でこそ「太夫」とあがめられるけど、舞台をおりればその身は全てお客様に見ていただく預かり物、とたしなめられる。自分を主役として生きてはいけない身分なんです。スポットライトは浴びるけど、中身はウブな女の子。

ある日偶然、初対面の男の人にお姫様だっこで早馬に乗せられたものだから、白糸は一回の逢瀬ですっかり恋に落ちてしまう。その男の子は今は訳あって貧しそうだけど、人品骨柄いやしからぬ青年。

後日、偶然二人は再開。はしゃぐ白糸と、白糸が誰だか思い出せない青年の欣弥。

テンションが噛み合わないまま白糸は欣弥が勉強したいけれどお金がないことを知り、「だったらあたしに応援させてくださいな」と言う。

ここで欣弥が一気に引いているんですね。欣弥にしてみれば、初対面のようなのにこの女の子はやけにはしゃいでるし、勉強のお金を出してくれると言う。初めて会った人にお金を出してもらうなんてなんだか怖い。

白糸にしてみれば、ここで欣弥と再開できたのは運命。何としても縁を切りたくない。自分にできることはないかと考えて、旅芸人の自分ならではの、普通の女の子にはないような稼ぎを差し出そうとする。欣弥に「その目的は?」と聞かれても、欣弥と付き合いたいという本心を言えず、「あなたの夢が叶えばいいの」なんて言っちゃう。なんでそこだけ乙女なの!お金出してあげるなんて、女社長みたいなこと言ってるのに。本当は、彼とまた会いたいだけだよね。

一方、欣弥くん。どうもこの女の子はお金に困ってないみたいだし、自分は勉強もしたいしなぁ。その見返りを聞いても「勉強してくれればいい」って特に変なことも言ってないし、さらにちょっと突っ込んで聞いて見ても「わたしと家族みたいな付き合いをしてくれればいいの」としか言わない。それならできる!

白糸ちゃんにしてみれば、家族=わたしと結婚して…って気持ちだったんじゃないでしょうか。でもその言葉は直球すぎて口に出さず、やっと言った言葉は彼に裏を読んでもらえない。

 

二人は息が合わないまま、白糸が仕送りをするということで別れます。

その後白糸のおかげで学び無事職を得た欣弥は、白糸を迎えに行くこともなく、二人はある裁判がきっかけで死を迎えます。

 

白糸の恋心は可愛いんだけど、それはあくまで自分のもので、欣弥くんにとっては怖くてびっくりさせられるものでしかなかった。二人は死の世界に旅立ちますが、あの世でも結ばれることはないんじゃないかと思う…見る方向が違うままだから。

欣弥は鈍感で考えるとなんだかイライラしてくるんだけど、やっぱり白糸が可愛い乙女に見えて、実は自分しか見てないことが原因な気がする。

 

歌舞伎座でこんなことを考えるのも楽しいですね。

 

 

 

 

 

記憶の上書き

あと2回月がかわったら、飼っていた犬が死んで1年になる。

 

犬は15年と2ヶ月生きた。

まだ悲しいけれど、犬の写真を見ることや、思い出に浸ることがやめられない。懐かしい動画を見ると「そういえば、こんなこともあった」と気づく時もある。

 

それがこの頃、思い出せる犬の姿がお決まりのものになっている。シャッターを切る前、動画を撮り終えた後にも、我が家の犬は生きていたはずだ。それなのに、限られた瞬間しか思い出せない。

 

私は記録と記憶にない犬を忘れかけている。犬は15年間生きたが、私の頭の中にある犬の記憶をつなげても、10分にも満たないかもしれない。あんなに一緒にいたのに、私は何も覚えていない。記憶にない犬はどこに行ったのだ。

 

私は犬を自分の都合の良いように作り変えている。全てを思い出すなんて無理だ。記憶にないことは思い出せない。それでも、私は覚えていない犬に会いたい。

 

 

犬、犬、犬と書き連ねたけど「犬」を「人」に置き換えてみると、こんな事はもうしたくないと思うし、でも私はまた同じことを繰り返してしまう、とも思う。自分の狭い視野でしか生きられない。今、隣にいる人のこともわからない。

 

30歳になった

この3月で30歳になった。当日は職場でケーキをいただき、夜は職場の子と食事に行った。チョコレートクリームにイチゴのケーキも、萬寿の生無濾過もおいしかった。

 

私は残念な結果になるのが怖くて、言いたい言葉をなかなか言えない。ひと月や半年、気持ちを胸にためていることがよくある。でもこの誕生日は思い切って口に出せたことが二つあって、ありがたいことに、どちらも嬉しい結果になった。

 

それでも欲張りなもので心にわだかまりはある。窓から入る光で好きな昼風呂に入りながら、「死ねば全部終わりだからまぁいいか」と諦めも少し覚えたのは、年齢の積み重ねでしょうか。

 

まだ死ぬまでに時間はある。 

いつ死ぬかわからないけれど、今は生きている。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00WLII6AK/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

歌舞伎座二月大歌舞伎・夜の部

二ヶ月連続松本白鸚松本幸四郎市川染五郎襲名披露公演のふた月目を鑑賞。

孝玉コンビは初めてなので、これは行くしかないと出かけて来ました。

私は不埒な素人歌舞伎ファンです。仁左衛門さん、玉さま、七之助さんに時蔵さんも好きというミーハーです。

 

芝居はお姉さんも太鼓判の、熊谷陣屋を新幸四郎が好演。

ご本人も顔が小さいので舞台映えしにくいと仰っていましたが、武士の風格が大きく舞台に広がっていました。こういう役もできるいい役者におなりになった。

 

口上は吉原を舞台に二つの花道に役者が勢揃いして、見渡す限り華やか。

七段目は日替わりで玉三郎仁左衛門が兄妹役。南座仁左衛門の、軽妙な由良助の方が好み。

 

スックのアイシャドウは石原さとみちゃん級のかわいさ

 

はじめまして、にゃんにゃんです。

 

最近買ったアイシャドウが、スックのデザイニングカラーアイズ。

http://sp.suqqu.com/onlineshop/product/commodity/041/d_color_eyes

2017年1月発売なので販売開始から1年を経て購入したのですが、目元だけ石原さとみちゃんになったのかと、お出かけが楽しくなるアイシャドウでした。

 

何がそんなによかったかというと、ツヤ加減だと思います。パールが光りすぎず色ものる、今っぽい可愛さを手軽に作れる。万人受けする可愛さが石原さとみ様をふと連想しました。ほんとCMかわいいですよねぇ。

 

こんなにツヤがいいと思ったのは、この前に使っていたアイシャドウが、対極のマット系だったから。シャネルの赤キャトルとトムフォードのココアミラージュを昨年はよく使っていました。

どちらもいいアイシャドウで、赤キャトルの赤や締め色は絶妙だったし、トムフォードの粉質は細かくてマットでも全然ムラにならなかった。マットなんだけど底に艶を含んでいて、ブラシで磨くようにしてのせると肌になじむところが素晴らしい。

 

ただ、朝の出勤前の慌ただしいときにブラシを何本も駆使する時間がなかなかとれなかった。

ベースを一番丁寧に作ろうとして、下地をスポンジでなじませブラシでファンデーションを塗ってスポンジで叩き込んで、コンシーラーをブラシでのせて大きいブラシでパウダーをのせて…ってしてると、もういやぁってなってくるんです。ベースメイクの後にはアイブローがが待ってるし。

 

赤キャトルもトムフォードも使う気力がないときは、オーブのアイシャドウかシャネルのベージュヴルールを使っていました。

オーブは奥二重向けアイシャドウという触れ込みで、ミディアムカラーが好きでした。手頃な価格で使いやすい。

ベージュヴルールは私の中で殿堂入りしているアイシャドウ。多分10年ぐらい手元にあって、底見えしていてもこれだけは捨てるつもりはありません。スエードのようにさらさらと光り、腫れぼったくならないピンクオレンジや、自然に陰影をつけてくれるミディアムカラーが大好き。

 

とうの昔に廃盤になっているけどこれだけベージュヴルールが好きなんだから、オークションで探そうかなとも思いました。

実際に探したら出品されていた。

でも時の流れはコスメにも確実に現れているので、今のコスメを買おうと思ったわけです。ベージュヴルールは大切にとっておきます。

 

じゃあどこのアイシャドウを買おうかなという話になるんですが、シャネルのキャトルは数年前にリニューアルしてからパール感があまり好みではなくなってしまいました。

トムフォードはココアミラージュの他にライラックドリームも持っているのですが、なんとなく自分に似合わない気がしていました。トムフォードはキリッとした仕上がり。かたや私は顔に凹凸もなく、服もコンサバ寄り。

そういう意味で昔のキャトルは個性的な色だしでも、お人形感があって好きだったんですけどリニューアルしちゃったので、

youtuberの会社員Aちゃんの動画で気になったスックを買ってみました。そしたらとても良くて、優芍薬に絢撫子、宵紅とズブズブ。

好きすぎてyoutuberの関根理沙ちゃんの動画でも見事スックを当てました!

 

 

芍薬はベージュ系でだんとつに使える。

絢撫子はかわいい。締め色だしでもが薄いのでアイラインを工夫したり他のシャドウを使ったり、反対にアイラインをひかないこともある。

宵紅は…おかしいな、まだ使いこなせてません。

 

とにかく久しぶりにスックのおかげで、なんだかキラキラアイメイクが楽しくなりました。ベースに時間をかけるつもりが、いつの間にかアイメイクにも同じくらい時間を割いていることもある。

丁寧にメイクをするとそれだけ仕上がりもよくなって、最近は毎日出勤前の鏡の前で、「なんかいいよね」と思っています。

ナルシストでも自己満足でもいいんです。だって自分の気持ちが上がってるんだから。自分が大事。

自分が周りからどう見えるかってことも大切ですけど、そういうのは化粧品を買うときに考えたらいい。家を出るときにテンション上がっていれば十分かなと思います。

仕事着が大事っていう先輩の言葉がようやくわかった次第です。